花言葉で「ごめんなさい」の気持ちを届けるのにオススメの花

家族、恋人、友だちとケンカしたとき、

意地になってしまいなかなか素直に

謝ることができないときがあります。

 

そんなとき、お花をプレゼントして、

反省の気持ちを

代わりに伝えてもらいましょう。

 

今回は花言葉で「ごめんなさい」の気持ちを

届けることができるお花をご紹介します。

 

195122

 

 

ハシバミ

 

ハシバミの花言葉は「仲直り」「和解」です。

相手に謝って、

仲直りしたいときに送る花として

ぴったりの花言葉です。

 

「仲直り」の意味の由来はギリシャ神話です。

ギリシャ神話で登場する人物が

仲直りするときに送られた杖がハシバミの木で、

作られていたというエピソードをもとにしています。

 

ハシバミは昔から、

呪術やお守りなどスピリチュアル的なことで

利用されてきました。

 

家畜を悪霊から守る木、

ハシバミの枝を占い棒として鉱脈や水脈を探す

ダウジングのロッドとしても使われていました。

 

「知恵」という花言葉がハシバミにあるのですが、

そんなスピリチュアル的なことから由来しています。

 

カリフォルニア・ポピー

 

195121

 

ポピーは色や種類別で花言葉がそれぞれ変わります。

 

一般的にポピーという名前で

出回っている花は

アイスランドポピーと呼ばれるものです。

 

アイスランド・ポピーの花言葉は

「いたわり」「思いやり」「恋の予感」です。

 

ごめんなさいという気持ちで送るときは

アイスランド・ポピーでなく、

カリフォルニア・ポピーを送りましょう。

 

カリフォルニアポピーの花言葉は

私を拒絶しないで」です。

 

相手が拒絶しているとき、

どうか私を拒絶しないで下さいの意味を込めて

この花を送りましょう。

 

花言葉の由来

 

ヨーロッパでは黄色の花には

不吉なイメージがあり、

カリフォルニアポピーも避けられていました。

 

しかし、この植物には薬草の効能があるので、

避けるのはやめて、この効能を

活用しようと意味合いを込めて、

この花言葉がつけられたと考えられています。

 

 

カンパニュラ

 

195123

 

カンパニュラは日本では

「風鈴草(ふうりんそう)」と呼ばれたりもします。

 

世界には300種類以上あると言われており、

非常にたくさんの種類があります。

 

カンパニュラの花言葉は

後悔」です。

 

ケンカしたときは頭に血が上って興奮して

ひどい言葉を言ってしまうことがあります。

 

でも、時間が経てば、

「あ~あの時、なんであんなこと

言ってしまったんだ」と後悔するはずです。

 

ちゃんと後悔してないで言うごめんなさいは

とても軽い感じがしますよね。

 

あのときのことを本当に後悔しているという

意味をこめて、カンパニュラを贈りましょう。

 

 

カンパニュラの花言葉には

「誠実」という意味もあります。

誠実に謝りたいときにぴったりのお花といえます。

 

花言葉の由来

 

カンパニュラの花言葉はギリシャ神話に登場する

カンパニュールという娘の悲しい話に由来します。

 

カンパニュールはかじった者を不死にするという

黄金のりんごが存在する果樹園の

見張り番を任されていました。

 

もし、りんごを盗むものが現れたら、

銀の鈴を鳴らして、果樹園の最強の番人を

呼ぶのが彼女の仕事でした。

 

黄金のりんごを狙う者たちにとって

カンパニュールはとっても邪魔な存在でしたが、

最強の番人が怖いので、

誰も彼女を殺すことができませんでした。

 

 

ある日、果樹園に侵入してきた盗賊がいました。

カンパニュールが眠っていると勘違いして、

彼女の前を通り過ぎようとした瞬間、

カンパニュールは目を覚まします。

 

目を覚ました彼女は持っている鈴を鳴らします。

その音に驚いた賊はカンパニュールの胸を

剣で一突きして、りんごを取らずに逃げ出します。

 

しばらくして、最強の番人が着いたときには、

カンパニュールはすでに亡くなっていました。

 

彼女の血だらけの手の中には、

銀の鈴が強く握られており、命尽きるまで

何度も何度も鈴を鳴らし続けていたのです。

 

その知らせを聞いた女神フローラが

彼女があまりにも可哀想にと思い、

彼女を一つの花に変えました。

 

鈴の形をした美しい花に

 

カンパニュールの名から、

その花はカンパニュラと

呼ばれるようになったのです。。。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ツルニチニチソウ

 

ツルニチニチソウの花言葉は

生涯の友情」「楽しい思い出

です。

 

ツルニチニチソウを送るのは

友だちとケンカして、ごめんなさいと

いいたいときに贈るのがいいでしょう。

 

あの頃の楽しい思い出を取り戻そう、

「私たちはずっと友だちよ」という意味をこめるのです。

 

 

マーガレット

 

マーガレットの花言葉は

真実の友情」。

 

この花もツルニチニチソウと一緒で

友だちとケンカしたとき、

仲直りするために贈りましょう。

 

あのとき、ケンカをしたけど本当は

仲良くしたいんだよと気持ちを込めるのです。

 

 

アイビーゼラニウム

 

アイビーセラニウムは葉っぱの形が

アイビーに似ていることから、

名付けられた花です。

 

 

花言葉は「真の愛情」です。

 

あのときは素直になれなかったけど、

「ごめんなさい。本当は愛しているんだよ」という意味を込めて、

この花を贈りましょう。

 

また、記念日に贈る花としても、

ぴったりのお花です。

 

 

ヒヤシンス

 

195124

 

ヒヤシンスは色によって、花言葉の意味が

とても変わるので気をつけないといけません。

 

「ごめんなさい」の意味を込めて

贈るなら、紫のヒヤシンスです。

 

日本の花言葉の意味は

「悲しみ」「悲哀」なんですが、

西洋の意味だと「アイム・ソーリー」で

ごめんなさいという意味になります。

 

他には青いヒヤシンスだと「変わらぬ愛」

黄色いヒヤシンスだと「あなたとなら幸せ」

という意味になるので、仲直りしたいときに

贈るのはいいと思います。

 

 

贈っちゃいけないのが赤のヒヤシンスです!

 

赤の花言葉は「嫉妬」

そして、英語だと遊びとなります。

 

遊びの恋愛という意味を

連想させる言葉になっているので、

ごめんなさいどころか、君との関係は遊びなんだよという

意味になってしまいます。

 

 

カモミール

 

カモミールの花言葉は非常にたくさんあって、

主に「逆境」や「苦難」の意味が

取り上げられることが多いんです。

 

でも、これらの意味以外にも

 

「仲直り」

「親交」

 

という意味もあるので、

ごめんなさいの気持ちを伝えるのに

ぴったりのお花なんです。

 

カモミールと言えばリラックス効果を

与える薬草として、ものすごく有名です。

 

 

195125

 

カモミールの花とカモミールティーをセットに

贈れば、相手のイライラやピリピリを癒やしてくれる

効果も期待できます。

 

 

まとめ

 

花言葉で「ごめんなさい」を意味する花、

ごめんなさいを伝えるのに役立つ花を

ご紹介しました。

 

直接言葉で謝ることが一番大切ですけど、

意地になって言えない!

 

そんなときは花言葉を使って、

ごめんなさいの肩代わりをしてもらいましょう。




注目 女の子の間で人気の胸キュン漫画

注目 テレビで話題の肩こり・腰痛の解消法

注目 「首ポキ」が危険すぎる理由







最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

よろしければ、
下記の記事もご覧ください



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください