YouTubeで1億回再生されている日本人アーティスト(歌手)の動画

YouTubeで1億回再生されている

日本人アーティスト(歌手)の公式MV動画を

まとめてみました。

 

1722512

 

 

RADWIMPS「前前前世」

 

 

 

「前前前世」は

映画「君の名は」の主題歌です。

 

興行収入が200億円を

超えるぐらい

「君の名は」が大ヒットしました。

 

これくらい映画がヒットすれば、

YouTubeでも

1億回の再生は超えるということです。

 

 

 

SEKAI NO OWARI「RPG」

 

172255

 

映画『クレヨンしんちゃん バカうまっ!

B級グルメサバイバル!!』の

エンディング曲です。

 

アニメ映画の歌は強いですよ。

 

 

 

きゃりーぱみゅぱみゅ「PON PON PON」

 

172256

 

バラエティ番組『SMAP×SMAP』、

『ピカルの定理』によって

パロディ化された影響もあって、

1億回再生いったのかもしれません。

 

 

 

AKB48

 

AKB48の曲は

「ヘビーローテーション」

恋するフォーチュンクッキー」

1億回を突破しています。

 

「ヘビーローテーション」は

日本人歌手の公式MVで、

初めて1億回を超えたといわれています。

 

 

 

ピコ太郎「PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)」

 

172257

 

 

「PPAP」は

2016年の流行語トップ10に入るぐらい

人気でした。

 

ジャスティンビーバーのお気に入りということで、

世界でも注目されたのが

1億回を超えた理由でしょうね。

 

 

ちなみに、

ジャスティン・ビーバーのMVは

20億回を超えているものがあります。

 

邦楽では10億回を

超えているものすらないので、

洋楽の凄さがわかります。

 

 

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」

 

172258

 

「ランニングマン」ポーズが

すごく流行りました。

 

 

1億回再生の収入はどれくらい?

 

YouTubeの再生回数が

1億回としたら、

どれくらいの収入になるのか

計算してみましょう。

 

一般的に言われているのが

1再生あたり0.1円です。

 

1億✕0.1は

1000万です。

 

個人でやってるユーチューバーなら、

1000万円は

なかなかいい収入でしょう。

 

しかし、アーティストは

所属事務所などに

下手すると9割ぐらいとられます。

 

 

自分たちに入ってくるのは

100万ぐらいです。

 

これが4人グループなら

25万円。

 

まぁ、1ヶ月は

暮らせる金額ぐらいは

稼げるということです。

 

スポンサーリンク


 

 

他に、1億回突破している動画は

「ようかい体操第一」

松たか子が歌う

「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」

 

 

最後に紹介するのは

公開から約4ヶ月ほど、

驚異的なスピードで

1億再生を突破した曲です。

 

 

 

星野源「恋」

 

 

 

この曲は

ドラマ「逃げ恥」の主題歌として

話題になりました。

 

エンディングに流れる「恋ダンス」も

大人気。

 

 

まとめ

 

今回はYouTubeで

日本人歌手の1億回再生されている

動画を探してみましたが、

意外と少なかったです。

 

英語と日本語というハンデは

ありますが、

洋楽はたくさんあります。

 

日本の人口が1億ぐらいなのを

考えると、これぐらいの数が

妥当なのかもしれません。




スポンサーリンク



注目 ネットで密かに人気の胸キュン漫画

注目 血液型ダイエット!血液型別やせにくい食材や運動

注目 テレビで話題の肩こり・腰痛の解消法




最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

よろしければ、
下記の記事もご覧ください

今週の人気記事

コメントを残す