HoneyWorks「ロメオ~プロローグ~」の登場人物や意味

HoneyWorksのアルバム「何度だって、好き。」の

初回版についてくる

「ロメオ~プロローグ~」を読んだので、

登場人物を紹介します。

 

後、「ロメオ」の意味を

考えてみました。

 

172265

 

 

「ロメオ~プロローグ~」とは

 

 

 

 

この動画がロメオプロローグの

一部です。

 

一部といっても、

これをみればほとんど

ロメオの話はわかります。

 

ものすごく簡単に言うと、

「ロメオ プロローグ」は

主人公の涼海ひよりが

勇次郎と愛蔵に出会って

終わりです。

 

 

登場人物

 

桜丘高校1年生

 

涼海ひより(すずみ ひより)

 

1722613

 

「ロメオ~プロローグ~」の主人公。

東京に憧れをもつ田舎の女の子。

 

陸上部の推薦で

桜丘高校に入学する。

 

 

アイドルユニット「LIP×LIP」のことも

知らないほど、

流行には鈍い。

 

身長:150cm

誕生日:3月31日

血液型:O型

 

 

染谷勇次郎(そめや ゆうじろう)

 

172266

 

アイドルユニット「LIP×LIP」の1人。

ひよりのクラスメイトで、

ひよりの後ろの席である。

 

 

爽やかな笑顔で挨拶をして

優しそうにみえるが、

どこか冷たい感じがあります。

 

高校入学前に

ひよりに警察署から出てくるところを

目撃される。

 

 

柴崎愛蔵(しばさき あいぞう)

 

1722614

 

アイドルユニット「LIP×LIP」の1人。

ひよりのクラスメイトで

ひよりの前の席である。

 

愛想がよくみえるけど、

女の子が嫌いなようだ。

ひよりのことを「芋女」と言う。

 

 

長髪のメガネの女の子

 

ひよりのクラスメイト。

勇次郎とひよりが楽しく話しているの

ジッとみてる女の子。

 

「ロメオ~プロローグ」では

セリフもないので、

名前などは一切、不明。

 

 

桜丘高校2年生

 

瀬戸口雛(せとぐち ひな)

 

172268

 

ひよりに1年生の教室の

場所を教えた女の子です。

 

HoneyWorksの2作目の

映画『好きになるその瞬間を。』の

主人公。

 

陸上部に所属しているので、

ひよりの先輩として

仲良くなっていきそう。

 

 

榎本虎太郎(えのもと こたろう)

 

172269

 

サッカー部に所属。

小さい頃から雛が好き。

 

 

柴崎健(しばさき けん)

 

1722610

 

虎太郎の友人であだ名は「シバケン」

とにかくモテて、

常に女子と遊んでいる。

 

愛蔵のお兄さんらしい。

 

 

山本幸大(やまもと こうだい)

 

1722611

 

虎太郎の友人。

メガネキャラだが、

特別マジメというわけではない。

 

スポンサーリンク


 

 

「ロメオ」の意味とは

 

イタリア語でロメオは

巡礼者という意味になります。

 

英語で「ロメオ」は

女たらし

という意味があります。

 

 

ハニワの「ロメオ」は

「ロミオとジュリエット」の

ロミオのことでしょう。

 

 

「ロミオとジュリエット」は

イタリアを起源とする作品で、

もともとはラテン読みの「ロメオ」と

表記されていました。

 

それが近年は英語読みで

「ロミオ」と表記されることが

多くなっています。

 

 

最後に

 

「ロメオ~プロローグ」をみると、

愛蔵と勇次郎の印象が

変わります。

 

笑顔をみると、

めちゃくちゃ猫被ってるな~って

感じです。

 

 

「ロメオ」の次の曲は

「ジュリエッタ」になるのかな?




スポンサーリンク



注目 女の子の間で人気の胸キュン漫画

注目 テレビで話題の肩こり・腰痛の解消法

注目 女と男が嘘をつくときの違い!




最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

よろしければ、
下記の記事もご覧ください

今週の人気記事

コメントを残す