大原櫻子の父親は林田尚親?母はどんな人?姉の梅子とは

注目の美少女・大原櫻子さん。

父親や母親、姉など家族の気になる

情報を調べてみました。

 

 

131215ooharasakurako2

 

大原櫻子の父親は林田尚親?

 

大原櫻子さんの父親は

俳優で、声優で、ナレーターの

林田尚親さんです。

 

131215ooharasakurako3

 

名前を聞いても

よくわからない方でも、

 

『ザ!世界仰天ニュース』

『ゴチになります!』

『行列のできる法律相談所』

『報道ステーション(スポーツコーナー)』

 

など人気番組のナレーターを

務めているので

声を聞けば、わかる人は多いでしょう。

 

 

大原櫻子さんの父親が

初めて明かされたのは

「行列のできる法律相談所」です。

 

 

司会だった東野さんに

父親の仕事は何~みたいなことを聞かれ、

このように答えていました。

 

131215ooharasakurako6

 

それから、番組の中で

父親は林田さんと紹介。

 

 

131215ooharasakurako7

 

お父さんが行列のナレーターなので、

大原櫻子さんは

素人のとき、

2回、行列を観に来たことがあります。

 

 

娘が番組に出ているので

林田さんは

 

131215ooharasakurako5

 

「あがっている」と

言ったようにみえますが、

 

実は、この言葉は

東野さんが言ったので、

本当の林田さんの

気持ちではありません^^

 

 

そして、次にお父さんが

ナレーターですと言った番組が

「おしゃれイズム」。

 

「ゴチになりますで

大誤算と言っている方が

父です」と言ったのです。

 

 

「おしゃれイズム」で父親から習った

トゥワングボイスという

発声法を紹介しました。

 

トゥワングボイスとは

鼻にかけて発声する方法で、

舞台などで喉を壊さないために

発声する方法です。

 

普段、鼻にかけてしゃべると

変になりますが、

舞台では変にならないそうです。

 

 

母親はどんな人?

 

母親は一般の方なので、

写真などはありません。

 

大原櫻子さんの母親は

とても歌がうまいそうです。

 

「母はカラオケで

よくアニソンを歌います。

 

『アタックNo.1』が猛烈に

うまいんですね。

100点たしか出したと思います」

 

とラジオで話していました。

 

 

この歌には

 

「だけど、涙が出ちゃう。女の子だもん」

 

というセリフがあります。

 

このセリフを「母は超気持ち込めて

しゃべる」と笑いながら、

大原櫻子さんは話していました。

 

アタックNO.1のOPが

わからない方は

この動画をみてください。

 

 

 

また、お母さんは料理が

とても得意。

 

大原さんが通っていた学校には

給食がありませんでした。

 

小・中・高の12年間、

お昼はお母さんが作ったお弁当を

食べていました。

 

「お弁当を食べると、

家でごはんを食べているみたいで

ほっとする」

 

と大原さんは言います。

 

野菜をたくさん使った

栄養バランスのいいおかずに、

かわいいおにぎりが

基本のお弁当だったそうです。

 

お弁当に魚があるときは

 

「魚の骨に注意!」という

メッセージが

添えられていたみたいです。

 

すごく気遣いできる

とても優しいお母さんということが

うかがえます。

 

 

そんな優しいお母さんが大原櫻子さんに

驚かされた事があります。

それは

 

 

髪の毛を切るバリカンと

スタンガンを同じだと思っていたことです。

 

 

櫻子さんはバリカンと

スタンガンの形が似ているので

同じものだと思っていたようです。

 

髪の毛をショートカットにするとき、

首元に当てられるのをみて、

 

『大丈夫なのかな~』

『これ気絶するやつかな~』と

考えていたみたいです。

 

姉に

「バリカンとスタンガンって違うんだ~」

と言ったら、

 

「あんた、なに考えているの」

と言われたそうです。

 

 

大原櫻子さんは

ちょっと天然キャラなのかもしれません。

 

 

姉の梅子とは?

 

171034

 

インスタグラムで

「双子の姉の梅子とぱしゃり」という

投稿をして、とても話題になりました。

 

「すっごい似てる」

「え、双子なん?」

 

という声がたくさん出ました。

 

でも、実はこれ鏡に写った

大原櫻子で、

双子の姉の梅子というのは

存在しません。

 

これのネタバレをしたときも

みんなは怒るのかと思ったら、

 

「おちゃめ~」

「かわいい~」

 

という感じで

笑って許されていました。

 

愛されキャラの大原櫻子だから、

笑って許されたのでしょう。

 

大原櫻子さんには

梅子ではないですが、

3歳年上の姉・こずえさんがいます。

 

作家志望で出版社に勤務しています。

 

 

林田こずえという名で

大原櫻子主演のショートムービー「サイン」の

脚本を担当しています。

 

 

 

作家志望のお姉さんが

書いた手紙をおしゃれイズムで

読んでいましたが、

なかなかいいものでした。

 

ライブにはいつも遅れて行くし、

歌ってる曲はほとんど聴かないし、

出てるドラマは見てないし、

 

その日どこでどんな仕事をしているか、

全く知らなくてごめんなさい。

 

私は大原櫻子のファンではありません。

 

 

だって私までファンだったら、

ファンに見せられない顔や心は

誰に見せるのでしょうか?

 

私は昔から、

変わらないあなたのお姉ちゃんです。

 

走り続けるエネルギッシュな

大原櫻子だって疲れる時があるでしょう。

 

そんな時は私の隣に座って、

少しぼんやりと一緒に

よく遊んだ日のことでも話しましょう。

 

私はいつでも歓迎です。

 

その時間がまた明日、

一歩を踏み出す活力となるのなら。

 

 

大原櫻子さんの

この手紙の感想は

ちょっと泣きそうになりがら、

「うれしい~」でした。




スポンサーリンク



注目 女の子の間で人気の胸キュン漫画

注目 テレビで話題の肩こり・腰痛の解消法

注目 女と男が嘘をつくときの違い!




最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

よろしければ、
下記の記事もご覧ください

今週の人気記事

1件のコメント

  • リンゴ

    謎が解けてスッキリ!
    ありがとうございます!!

コメントを残す